日大工学部図書館耐震補強

東日本大震災以前から耐震診断を行い、強度不足であることが判明していた建物である。昭和41年に建てられた校舎と49年に増築された図書館、この2つの建物をプレストレスト工法により連結し、相互の建物の強度を補完するという補強方法を採用した。外観に現れる耐震補強ブレースは、美観を考慮してアルミ材を採用した。

  • 業務内容 平成24年 耐震補強
  • 所在地 郡山市
  • 構造 RC造 5階建て
  • 延床面積 5,005㎡
  • 築年 昭和41年・49年